人とは違う自分だけの色で塗装して楽しむバンパーの術

所有している車に自分だけのオリジナル感を加えたいと考える人も多いでしょう。車は購入する際に同じ車種でもグレードを選べたり、多少のカスタマイズをしたりすることは可能ですが、車自体の外見を変えることは難しいです。人気のある車種、人気のあるカラーとなれば尚更ですが、自分の所有する車と同じカラーで同じ車とよくすれ違ったり、友人や知人と車が同じだったり、お隣やご近所にも同じ車が停まっていたりするということは珍しくありません。そこで他の車とはひと味違った自分だけのオリジナルテイストを加えるためにバンパーを自分の好きなカラーに塗装するという方法があります。バンパーとは車のボディの下に取り付けられている衝撃吸収の役割があり、ボディからは簡単に取り外しができる部分であり、バンパーの塗装がお勧めの理由を説明します。

バンパーをオリジナルカラーの塗装がおすすめの理由とは

車を購入する際に、カラーを選ばなければなりませんが、自分の好きなカラーがなかったというケースも多いでしょう。大抵の車は黒や白、グレーなどの万人受けする色はそろっていますが、その他はその車に対応できるカラーがメーカーによって決められています。しかしメーカーや車種によっても色会いは異なり、好きな色ではなかったという場合もあります。そこで車全体を好きな色に塗装しようと考える人もいますが、ボディ全体の塗装を行おうとした場合にその費用は非常に高くなってしまいます。そこでおすすめなのがバンパーの塗装です。バンパーは外れやすく自分自身でも塗装することができるため、安い価格でオリジナルカラーを塗装しやすい箇所となるのです。また全体を塗装してしまうと万が一車を売りたいと思った場合でも高く売れなくなってしまう場合が多いため注意が必要です。

バンパーにオリジナルカラーを塗装する方法とは

バンパーを自分の好きなカラーに塗装したいと考えた場合、業者に依頼するか自分で行うかの2パターンで行うことが可能です。業者に依頼する場合は車の種類によっても異なりますが6万円から7万円程度が平均的な価格です。またパールが入るような色は多少価格があがり、こうした色.によっても値段が異なる場合が多いです。バンパーはボディから簡単に外すことが可能であるため自分でもバンパーを取り外すことで塗装することが可能です。この場合塗装する色の塗料や塗装に使う材料だけの費用ですむため費用は5000円前後で済ますことができます。自分でも塗装は可能ですが、慣れていないとやはりきれいに仕上げることは非常に難しいため、ムラのないキレイに仕上がりにしたい場合は業者に依頼することをおすすめします。