バンパー 塗装

自分だけのオリジナルバンパーを塗装する方法

バンパーとは元々、衝撃や振動を和らげてくれる緩衝装置の事を指します。素材自体に弾力性やばねの力があり、それを利用して衝撃を吸収し、緩和します。機械の部品や運送用の機器などに取り付けられています。しかし、バンパーと聞いて想像するのは、自動車のバンパーではないでしょうか。そのバンパーも、目的としては同じです。自動車が何かに衝突した時に、衝撃を吸収し緩和してくれる装置になります。車のボディの前後に取り付けられているのが一般的です。元々は取り外せるものとして装着されていましたが、現在ではボディと一体化している事が多く、そのデザイン性も高くなってきています。海外に比べて日本はバンパーの傷を気にする傾向にあると言われています。傷を直す為には塗装が必要です。また、傷が無くても自動車を自分好みにカスタムする為に塗装する事もあります。

自動車のバンパーの役割について

自動車のバンパーは、基本的に前後に取り付けられています。ボディと一体化していますが、ボディから飛び出している部分がそうです。飛び出しているからこそ、衝突の時に最初にぶつかります。同時に衝撃と振動をやわらげてくれます。これはぶつかった側とぶつかられた側、双方に作用してくれます。また、自動車自体、エンジンなどへの衝撃も和らげます。最近では歩行者への衝突緩和機能を持っているバンパーもあります。そういった、元々傷がつきやすいバンパーですが、気にする人は少しの傷がついても修復したいと考えます。また、バンパーの色を自分好みに塗装する事により、自動車を楽しむ人もいます。いずれにしても、塗装するにはいくつか方法があります。まずは塗装の相場ですが、傷の場合は2万円から3万円ほど、全塗装だと5万円から8万円ほどです。

自動車のバンパーの塗装方法について

バンパーの塗装費用を安く済ませるには、自分で塗装するのが一番です。もちろん、業者に頼んだ方が綺麗に仕上がるでしょう。しかし腕に自信がある場合は、自分で行なう事も可能です。自分で塗装する為には、まず道具を用意しましょう。防水ペーパー、シリコンオフ、補修が必要ならばパテ、バンパープライマー、プラサフ、ボカシ剤、そして塗料を用意します。手順としては、まずバンパーを外して洗います。マスキングをしてから防水ペーパーで磨きます。脱脂してバンパープライマーを塗ります。補修する場合はここでパテを使います。パテが乾いてからもう一度防水ペーパーで磨き、マスキングをし直します。脱脂してバンパープライマーを塗布、プラサフを塗り、防水ペーパーで磨きます。また脱脂し、ボカシ剤を塗ってから塗装になります。手間はかかりますが、費用は抑えられます。何より自分で行なう事で愛着がわきますね。

当社は車の板金塗装や修理を激安料金で行う会社で、対象エリアは東京・埼玉・神奈川であれば無料でご自宅まで引き取りに伺います。 サービス概要は車の板金塗装や修理で、車のキズやヘコミを激安の均一料金で補修させていただくサービスです。 激安価格で自動車修理をしています、自慢の料金表を見てください、土日も営業していて夜10時までやっています。 均一料金でバンパーの修理や塗装をするなら池内自動車